安全面で選ぶポイント

犬用シャンプーより人間用が安全な場合もある

人間用が安全な場合も 犬用シャンプーは人間用と比べると価格が高いです。
犬用シャンプーと人間用の違いはpHにあります。pHとは水素イオン濃度指数のことで、水溶液の性質が分かります。pHの数値が小さければ酸性、大きければアルカリ性、真ん中を中性といいます。
人間の肌は酸性に近いので弱酸性であり、人間用のシャンプーは弱酸性です。犬の皮膚は弱アルカリ性なので弱酸性の人間用シャンプーが使えません。犬専用なので多くの飼い主が安全だと思って使っています。
しかし中には不要な成分ばかりを含む商品もあります。犬用シャンプーは人間用とは違って、全成分を表記する決まりがありません。よって天然由来の成分を配合しているとパッケージに書いてあっても、犬にとって危険な化学物質も配合している場合があります。
人間用シャンプーには成分が明記されているので、無添加のものは安心といえます。犬に使う場合でも、シャンプー液を薄めて使うと今までより毛並みが良くなることがあります。弱酸性と弱アルカリ性はほとんどpHが変わらないので、水を含ませることで中和できます。
さらに人間用のシャンプーを使っても、肌のpHをすぐに戻せるという意見もあります。
犬用シャンプーと人間用シャンプーを使って、皮膚の刺激が少ない方を選ぶと良いです。

犬用シャンプーを安全面で選ぶ理由

ペットのためのグッズやサービスの中でも、犬のトリミングに関しては、大きな関心が集まっています。
それは、汚れを取り除いてスタイルを整えることにこだわる人が増えているというだけでなく、皮膚や毛の健康を保つという面が大きいためです。
まず、犬用シャンプーは、人間のものとちがい、犬の皮膚に最適なPHに調整されていますが、ほかにも安全なシャンプーを選ぶポイントはたくさんあります。たとえば、天然の保湿成分が配合されていたり、低刺激のものなどは、とくに皮膚がデリケートな犬のために選ばれています。同じブランドのなかでも、愛犬の年齢、毛の質や色などに合わせて選べるようなものもあり、犬種の特性にも対応することができます。
オーガニックや肌に優しい洗浄成分を使用した、安全な犬用シャンプーを選べば、アレルギーやかぶれなどの皮膚トラブルの原因となる物質が少なく、リスクを減らすことができます。化学合成成分や合成香料などが入っていないものであれば、そうした意識の高い基準で作られた可能性が高く、試してみる価値があります。
もちろん、すでに皮膚の疾患やアレルギーがある犬の場合は、動物病院に相談して、使用可能な犬用シャンプーを購入する必要があります。

「犬用シャンプー」に関するおすすめリンク

世界のセレブに愛されるラグジュアリーなペットケア用品の販売サイト

>>犬用 シャンプー

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>